山田さん

ギリギリで生きてます。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP雑記


今やってるのをぺたり。
マントとりんごがほぼ思うように描けて大変満足しております。

最近、10枚に1枚くらいの割合で思った通りのものが描けるようになってきました。
画力の向上とはこういう事か…もっとうまくなりたいすな。

春一番のおかげでまた帰宅難民になりそうでした。
去年からもう何度も難民になったり、難民の危機にあっているのであの、ちょっと、もういいです勘弁して下さい。
帰る家があるという事、帰ることが出来るという事がこんなにもありがたい物だなんて知りませんでした。
(と思ってしまうくらいには回数をこなしている…)

今の所が精神的にも肉体的にも蝕まれてる感満載なので遠くないうちに本職に本腰入れるつもりです。
安寧の地という名のマイホームへちゅどーん、と…



とても花主について語ろうと思ってたのに上の画像を作ってたら忘れました…

なんだったかな…そうだ、確か花主は時をかけるパロディ作が多いなと思ったんです。
有名なあれじゃないです。時空を超えるという事です。

時空を超えるSF系は父親の影響で昔から好きなんですが、とにかく目についてついてついて…読んでます。
原稿?なにそれおいしいの?

時を超えて時代に介入する、というのは世の中の摂理においてあってはならない事だと思います。
その時間に起きた事象がかわってしまう可能性があるので。
でも、人間も生き物ですから運命を捻じ曲げてても貫いたいモノがある訳でして…
そしてそこで出会った人と再度会う可能性はゼロです。
その辺りは生死の別れと似ていると思うのですが、その場面でのさよならはとても重い言葉ですね。

何が言いたいかと言うとジュブナイルいいよね…って話です。
青い時代の出会いは大切です。

などとどうでもよくまとめた所で6月の花主本、合間合間でネーム切ってる状態です。
今の時点でだいぶ…頭が…この人大丈夫なの…?と言いたくなるような状態ですねフフン
ちゃんと突っ込みを(はなむらくんが)入れながらネームしてますフフン

何を描きたかったか忘れてしまって困ってます。近頃忘れっぽい。

冒頭と末に小ネタ盛って短いの1本か2本か3本か…入れるつもりです。
自分の花主を見る限り、真面目な話の方がウケがいいみたいなので真面目なのも入れます。
あのテンションの後に番長持ってきたらたぶん驚かれるけど。
花主好きさんからはどう思われてるのか…ちょっと不安です。
残念な奴だと思われているのは間違いない。
スパコミの後は特に急ぎが無い(はず)ので分厚くなりそうな予感です。



スパコミのサンプルあげてる方もいて驚愕です。

いや私も…私も自分の原稿だけだったら………もにょ…作業します。
雑記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment


Comment Form













非公開コメントにする